二兎を追う者 2011

青森での行程もまだ八甲田丸観に行く以外ロクに決まってない中、一泊予定の大阪の日程を検討中。さしあたりの課題として新喜劇には行っておきたいのですが。

まず、使える時間は19日10時半(日本海到着)~20日23時半(きたぐに出発)まで。これが大前提。

で、宿がチェックインを受け付ける15時までの間に某所(謎)へ表敬訪問、その後軽くシャワーでも浴びた後、夕方から同期と遊んでそのまま夕食へなだれ込むのが1日目のおおよその予定。
2日目の方が難易度は高くて、日中は既にいろいろ案はあってむしろ目移りしちゃうのが、晩飯あたりからきたぐに出発までの間が持たない。 😆
頼みの新喜劇もそんな夜遅くまではやってなくて、さて、では、 ど う す る ? (cv棒読みちゃん)

某所にしても、いくら日本海が遅延したとしても着いてから14時半頃まで潰せるほど長居することはないはずで、暑いだろうしもとより電撃戦でいくつもりだし、後ろに新喜劇を挿入しておくのがベターだろうか?
# 万一の場合は省略すれば遅延を吸収できる

一方京橋花月が今年限りらしいので、こちらも事のついでに見物に行っておこうかとは思うのですが、一日2吉本はいくら何でも過剰摂取だろうとも思うわけです。

公演スケジュールを見ると京橋花月の夜の講演は16時半から、その後19時からの寄席も見ると21時くらいにはなるのかな? それなら後2時間は移動+夕食で概ね潰せるから、日中は心置きなく嵐山(嵯峨?)で遊べるか。



あれ? 聖地交通科学博物館はいつ寄るんだ?
京橋の新喜劇をそっちに振り替えるのが正解かな?

17時入場締切り17時半閉館ってことは、やはり16時半くらいには館内に居ないとゆっくり見物するどころじゃなくて、であればどちらへ行っても大勢に影響はないのか。
まだ一ヶ月あるし、もう少し擦り合わせを試みよう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください