高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処することになろうかと思います

先日ポシャったこちらのプランについて、本日全部の指定が揃ってA案一週遅れで実行可能になりました。8/17東京発、8/19大阪泊であります。

あけぼのはA個室、日本海はA上段、きたぐにはA下段になりました。ザ・大名旅行 😎
# おかげで暮れまでは逆さに振っても鼻毛も出ねえorz

ゼニの問題はこっちの趣味だからどうでもいいとして、次は電源が大問題。
あけぼののA個室の真意はこれと言っても過言ではなくて(でなけりゃB寝台で充分である)、これでとりあえず青森までは客車載放送を含むフルサービスが可能になったのですが。青森で電源ジプシーになる懸念はさしあたり解消した(=観光に専念できる)ものの、日本海がネックだわな。N-06Cの外部バッテリ対策をなんとかしないと、大阪着いた先で放送どころか音信不通になりかねない。いや確実になる。

ちなみに19日の宿はちょっとアレなところなんで、うっかり酔い潰れさえしなけりゃまた軽く放送もしてみようかとは企んでをります。

例の公園にも寄るつもりではをるのですが、交通科学博物館とNGKは最低限押さえておきたいし、19・20日どっちに奇襲寄るかはまだ極めて流動的。

今ひとつの問題は風呂。残暑厳しい折、絞ったら絞れるくらい汗かくはずなんでシャワーぐらい浴びたいのですが…今回の列車はどれもシャワー無しorz

さて、どうしたものか。晩飯は車中で取るにしても、19時までには青森駅に戻ってなきゃならんのよね。

風呂はここが駅最寄りっぽいな

8/17 16:00追記)
青森駅で晩の「あけぼの」撮ろうと思ったら、18時過ぎには駅にいないといけない<自分用メモ

1 thought on “高度の柔軟性を維持しつつ、臨機応変に対処することになろうかと思います

  1. ピンバック: ノリホ@Tsubame-Network

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください