ヒミツの花園

今回の成田ではとある期待を胸に、近接撮影の機会もあろうかとF3にはMicro55mm/f3.5を着けて行った次第、でしたが。・・・ある程度は予想してたけど中途半端に近くて、ファインダーに収まりきらない事態が多発。救いはf3.5なんて比較的暗いレンズでもフラッシュの要るケースがほとんどなかった事かな?
ただ、このところVR頼みのユルい撮り方ばっかりだったから、1/60でも手ブレしてるような予感・・・1/30でもなんとか行けた頃もあったけどね 🙁

禁断の聖地にコーフンしすぎて、画角については45mm/f2.8P(実戦初投入)も用意していたのをすっかり忘れていたのは内緒です。ただ、場所柄迂闊にレンズ交換なんかしたら落っことして大惨事に発展してたかもしれないのも事実で、仕方ないと言えば仕方ないですかね。

で、当初期待してたことはどうなったかって?
まあ、時節柄が時節柄ですからねぇ・・・いずれにせよ眼福でありました(謎

現像は今日の帰りに出すつもり。
MicroNikkorならではのカリっとした写りを予想してはいるものの、いかんせんヘボは隠しようがないし、ほとんど開放で撮ってたのが吉と出るか凶と出るか。
開放で満足できる(個人的に)画が撮れるとなれば、貧乏を無理矢理押して調達した50/.8Sと45/f2.8Pがいよいよ無駄になる。かと言ってそう滅多に来るものでもない機会をただ無駄にしたとあっては、情けないにも程がある・・・とても複雑な気分。

(19:30追記)
いつもの所に追加しました。ご笑覧あれ 😉
肝心の画質はまあ納得できる、レベルかしら。
明るいところで顕著な周辺減光を出すのは古い(設計が)レンズだからやむを得ないのかな?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください