体質改・・・善か?

以前裏の方で、某外食店で散々な目に遭ったことを書きましたが、どうも悪いのは店ではなくこっちの体質の変化なのかもしれないって気になってきました。

どうも豚の脂があかんようになってきた模様。口に含んだ途端古タイヤ焼いたみたいな臭気が拡がる感覚で、何と言うか精神的には食べたいんだけど肉体的に全身が飲み込むことを拒否する感じ?
先日の夕食でも某コンビニの豚焼肉丼でこの症状が顕著に出て、何とか嚥下はできるけどそんな事言ってる段階で食事とはとても呼べないし、無理したら全部戻しちゃいそうだったんで3/4までが限界でした。普段の食事量を考えたら全然足りないのに、食欲もへったくれもあったもんじゃなし。買ってきたものを残して捨てる、ということを許される教育も受けてないですが、それ以前にその程度の量でそんな不健康な満腹感に満たされてしまったことに衝撃を禁じ得ません。
それに本来焼き肉はむしろ「大」好物で、この症状は致命傷に近いです、特に精神的に 🙁

人間ある歳に来ると好みが変わると言うし、うちの親父もある食材を突然食べられなくなったのが今ぐらいの年代らしいし、子供できるどころか女の子の手も握る前からこんなことでは心中穏やかならざる今日この頃。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください