クレクレ

アマゾン「ほしい物リスト」、他人に丸見え 本名も表示 – 社会 (asahi.com)
本名やメアドが第三者に丸見えになるのはさすがにまずいだろとは思うけれど、欲しいものリストがデフォルトで公開になってるの自体はリストをちょっと見りゃすぐわかる話。なんせ職場じゃうっかりミスの連続で毎日血ダルマ(精神的に)になってる自分でさえ、使い始め(数年前)の時点で気がついたぐらいだ。それを何だって今さら?

まあ確かにそうとは知らずに登録していたエロビデオなんかが世間様に丸見えだったなんて知ったら頭に血が上るのも無理はないですけどね。
ちなみにお気付きでしょうが今下に出してる「そのうちほしい」は、正にこの機能を使ったもの。
# 誰か買って、買ってぇ :hammer:

この種の、自分の不注意を棚に上げて、それほどでもない物を徹底的に粉砕するまで袋叩きにしないと気がすまない風潮は2ch病の遥か昔、学生紛争や引いては一億総特攻にも通じる日本人の悪癖そのものじゃないかと思うのです。こんな有り様じゃ有事の時、本来の損害よりデマによる被害の方が大きくなるんじゃないだろうか。
# 関東大震災やオイルショックのやつは有名ですね

今回のこれに対するAmazonのコメント、

そもそも、ほしい物リストは、アメリカの文化で、友人や家族にプレゼントして欲しいものをあらかじめリスト化する習慣に合わせてできた機能。公開して使うことが前提になっている

も火に油を注ぐようなもので、他に言いようなかったのかな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください