対症療法

昨日あたりからclamdがやたらに落ちて、その都度メール配信が止まるようになりました。

spamが来なくて平和だわい・・・などとのんきなことを言ってる場合ではなくて。

サーバには クソもミソも spamもそうでないのも配信できずにどんどんたまるし、という事はまともなメールも待てど暮らせど来ないわけで。かと言っていちいちclamdを再起動するのも大変宜しくないし、でどうにかする必要に迫られました。

どうもfromに “*” とか変な文字が混じってる(つまりはspamだ)と何故かclamdが落ちて、clamsmtpdが処理を保留しちまうせいらしいところまでは推定されたんですが、少し前に spamassassinがClamAVPluginなるものに対応して似たような処理をやってくれるらしい ことが判っていたので、ついでにそっちへ乗り換えました。クソ忌々しい(失礼)spam/virusメール切り分けのためにいくつもプロセス立ち上げなきゃならない、即ち今回みたいなエラーの時に不具合個所を切り分ける手間が増えるのがどうもダサく感じてたこともあったし。postfixの設定変更も伴なうのがちと面倒でそのままにしてたけどいい機会でした。

まだ動かしてそんなに経ってないですが、なかなか良い感じです。なにしろclamdが落ちても、ウィルスチェックがエラーだってマークするだけで配信は止まらないのが良いですね。
clamsmtpdでは明らかに汚染されてるメールをサーバ内の隔離場所へためるようになってて適宜見に行って掃除しないといけなかった事からも、ようやく解放されるようになりました。clamsmtpdでもためないようにはできるけどそれはさすがに危険。どっちみち水際防御で各クライアントでもウィルスチェックはかけてるからこれでイイのだ。 :-p

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください