東海道の女王

暮れにKATOが「つばめ(茶)」のセットを出すらしく、うちも早々に予約は入れていたのですが想像通りの大人気のようで。
発売までまだだいぶあるのにこの勢いじゃ、年内に手に入るんでしょうかね?
# どこで走らせるの? ってツッコミは不許可 :hammer:

メーカーもこういう定番商品はコンスタントに流通させてほしいな。発売開始直後から転売屋が勘違いも甚だしい高値でオークションに流すのは目に見えてるんだし。それを買う方も買う方だが。しばらくはレンタルレイアウトなんかでも「いったい何号まであるねん!」とヤジりたくなるほどC62牽引の「つばめ」が雁行するんでしょうね。そういうとこでわかっててEナントカあたりの新形式(持ってないけど)をヘロヘロ走らせるのは粋or野暮? 😆

さて期待のセット内容ですが、一番気になったのが連結器。一応アーノルドカプラーへ交換できるように配慮はされてるようだけど機関車連結用だけのようで、例えば旧製品との継ぎ足しとか、セット外の車両と連結しようとしたら一工夫必要な模様。
必要な強度と誰でも確実に連結できる事を保障した上でできるだけ狭いレイアウト(きつい曲線)を回れるようにした、実用重視の結果があの馬鹿でかいアーノルドカプラと記念撮影が撮れるほど広い連結間隔だった訳ですが、そんなものはこちとら承知の上でやってるんで、人間贅沢を覚えると得るものも多いけど失うものもまた大きくてロクなもんじゃありませんな。
単品売りが主だった以前は各社の製品からいい加減な形式寄せ集めて「それっぽい」ものをでっち上げるのもそう難しい話じゃなかったのに、今では一社囲い込みでセット組みしないと編成一本まともに組めやしない。 🙁

で、0系新幹線のリニューアルマダー?
他形式が専用カプラで見てくれにもだいぶ工夫してるのに、これだけ十年一日のアーノルドカプラじゃかわいそうじゃありませんか。これこそ他形式との連結なんか考えなくていいんだからなんとかしないと。



全く余談ですが。
「東海道の女王」といえば特急「つばめ」であることに文句を言う人はいない(少なくともマニアなら)と思うのですが、「東海道の夜の女王」っていうと全く別のモノを考えてしまうのは、単に私がムッツリスケベなだけでせうか?
いや、表向きには「あさかぜ」で一発即答ですがね。 :-p


余談ついでに。
鉄道模型関連では昔からやろうやろうと思いつつ、主に技量不足でどうしても着手に至らないネタが一つ。

私らが中学生の頃までは、まだのストが比較的現実味を持って語られていた時代でした。各校ではシーズンになると「スト決行の場合」なんてプリントが配られてもいました。

さて、私が模型や何かで一貫して追っかけてるのもまさにその時代だったりするわけで。
そうなるとどうしても外せないのは、薄汚れた車体に殴り書きされた春闘のスローガン。 ここ なんかに模型の作例(でもないが、まさかほんとにやった人がいたとは)があったり、あと名作「新幹線大爆破」でも一瞬だけそんな電車が出てきたりしますよね。機関車であれ電車であれ、それなりの面積があるところには決まって白ペンキで何だか威勢だけはいい事が大書されていたものでした。あと駅という駅の柱という柱には「スト決行」のビラが貼られていたりとか。

特に決まった仕様があるわけでもないし、訴えたい事を思いついたらエイっとポスカあたりで筆書きしちゃえば良いんでしょうけど。どうせやるなら徹底的に、生乾きのペンキが垂れたりかすれた跡まで再現したい。

最大の問題は、せっかく買ったなけなしの車体(決して安くはない)をどっちかというとイロモノ系統のことに1本潰さなきゃならないこと。イロモノ好きの血は騒ぐんだけど、なかなか着手には至らないんですよね。しかもこっちは落とす時に水洗いなんかできないし。

こんなこと書いてるとハムの人からマークされるかなぁ。 😎

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください