7の系譜

SONYもデジ一眼に新製品を投入してきましたね。

α700 (SONY)
とりあえずヨドバシの初値(?)が18万円弱、妥当なところではあるでしょう。

性能面についてはまだ現物に触ってないし、いずれもっと目の肥えた人のレビューが出るでしょうから素人は口をつぐむとして、それにしてもSONYらしからぬ垢抜けないデザインだなと。コニミノの遺作α7デジを意識して直線基調を前面に押し出したとも取れますが、何もここまで四角にこだわらなくてもと、そう思えて仕方が無いですね。角張ったデザインはむしろ好物だけど、何かがちょっと違う。

700と言えば思い出すのがX-700、個人的には大きさも機能も身の丈に馴染むいい「機械」でしたが、世間的な評価はどこを見渡しても「世代遅れで中途半端」。ファインダー倍率の良さを称えるマニアもわずかに居なくはないですが、概して「わざわざ手を出すほどのものではない」と見られているようです。
# そのファインダー倍率は僕個人は近眼なんであまり意味が無かったりする

初代の轍を二代目が踏まなければいいなってのは、悲観主義に過ぎますかねぇ? 😕

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください