英語は世界の共通語

メールアドレスを電話で伝えるときのコツ (ITmedia)
筆者自身「ただし、業界によっては慣用的に違う表現も使っている」なんて書いてる通り、フォネティクスも万能ではない訳で。

うっかり職場で使ってしまって、天下り組の上司に属性がバレてしまいその後の立場が微妙になったり、なんて危険もありますね。
# 今の自分が正にそう

どこぞの業界では「ジャイアンツのG、タイガースのT」なんてのもあるんだそうで、なるほどこれなら少なくとも10コ(BとGがダブる)はフォローできてるし、さすがに国内でこれらを間違う人はいないでせう。よく考えたもんだ。・・・で、他のアルファベットはどうするんだ? 😕

まあ、ガイジンに使っても多分だめだから、どこでも使えるってもんでもないのが辛いですな。
メジャーリーグにしたってそうどこでも通じる物でもなし。

2 thoughts on “英語は世界の共通語

  1. ふくふく

    何の属性がばれたんだw

    それよりも、なんで今更こんなネタが記事になったんだろうね??

  2. 榛名 投稿作成者

    >>なんで今更
    夏休みでネタが無かったんじゃないかなぁ 😆

    ばれた属性は、要するにただのノリモノ好きじゃなくて、空港にラジオを持って行く類のノリモノ好きだってこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください