カメラ回想

今まで使ってきたカメラについて。
多趣味な父は当然のごとくカメラもいじくり回していて、こちらも今思い返せば物心ついた頃から門前の小僧と言うよりむしろ積極的な英才教育(?)を受けていたのでした。中学高校と鉄道研究会にいたおかげでカメラとの付き合いもより深くなりましたが、その時周囲がオートボーイか何かのコンパクトカメラしか持っていなかった中で、同期のK頭尊師と並んでまともな一眼レフを振り回していたのもそのおかげです。

今までの遍歴をちょっと自慢がてら披露しようと思います。
現在ではクラカメとしてマニアが喉から手が出るほど欲しがる名機を、往時「ごく当たり前のもの」としてオモチャにしていたことを思い返す時、いかに恵まれていたか父に感謝の念を禁じ得ません。

# つまりはネタに困った時の年寄りの昔語りです :-p

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください