補遺 (2017/09/08)

削除要請があった記事を処理しました
匿名で該当内容も指定せずにただ記事を削除しろとだけ要求されても対応しきれないのですが、今回のは割とすぐに該当部分を特定できましたし、無かったことにしたいのも酌量の余地がある内容でしたので

gmailのメール転送の仕様で発信元が特定できないもんですから (全部自分から発信したように書き換えられる)、こちらから詳細確認しようにも手立てがないんですよね

性的に云々なのは当時も些か言い過ぎだろとは思ったのですが、非モテ=年齢は自分もご同様なので、おっしゃることは一一ごもっともでぐうの音も出ませんでしたね
だからFav&RTしてたんですけど

何にしてもTwitterがユーザサイドで比較的容易に記事消せるメディアで良かったね

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください