ウイングレットの装飾、または比較的どうでもいい事ほどいつまでも悩むもの

しばらく燃え尽き症候群だったMSFS用アドオン機のリペイントでしたが、FS2004化(今さら)と WTの再開でちょっとやる気がでてきました。
で、Longhaulツアー用に、途中で放棄していたA340-300の修正から着手。色が近いからっていつまでもキャ○イで飛んでても、モチベーションに関わるし。

某社はその源泉がにあるって設定なので、ウイングレットのある機体ではこんなお遊びを混ぜています。
POSKY A340パーツ
他のとこにもう一つネタは仕込んであるんだけど、それはバレるとけっこう恥ずかしいので気付いてもスルーするのが紳士たる者のマナー・・・ :hammer:
冗談はさておき、例のエンブレムをウイングレットの内側にも貼るかどうかで実はいつも迷ってます。
テクスチャのレイアウトの都合で表裏両面とも共通なら自動的に考える必要はなくなるけど、最近はより高精度にしようってのかそうぬるいモデリングは見なくなってきたので。

A340は4発機に相応しい長距離路線を飛ぶ機材、乗客から見える側にもちょっとしたデザイン・・・という考え方もあれば、そんなもんあってもうるさいだけ、シンプルイズベストってな考え方もあり。

・・・決して位置合わせが面倒とか、そういうことではないですよ? 😀

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください