ワタシ中国は広島生まれ

# ゼンジー北京じゃないっての :hammer:

冗談はさておき台湾と中国にそれぞれ新幹線が移民していきました。
先に断っておきますが自分にそれぞれの国を差別する意図はないし、また自分のとこも含めてその優劣を論じるつもりも有りません。

一部報道によるとあちらでは自国開発と言ってるらしいですが、その程度は向こうではよくある事だし、無事営業まで持ち込むための方便には必要かも知れないのでとりあえず不問にしておきます。
それでもなお、中国に新幹線を含め高速列車を走らせる事については疑問が残ります。

関係者も弾丸列車なんてはしゃいでいられるのは今のうちだけで、既にだいぶ向上している国民の生活水準が更に向上すれば、本家の東京-博多間が証明する通り乗客のほとんどは飛行機に流れてしまうであろう事は容易に想像されます。
中国新幹線、年内着工へ 10年完成予定 北京-上海を5時間 (FujiSankei iness i, 路線計画が載ってます)
中国国内都市間の距離 (中國國際海運ネット)
# 済南が名古屋か仙台に相当する感じだけどそこからの人の流動はどうなんだろう?

いつも反する旅行ばっかりしてるんでどう思われてるか知りませんが、理屈の上では鉄道が航空機に対抗できるのは乗車時間で2時間、新幹線でも500kmがいいところだと考えています。それを越えると搭乗手続きその他諸々を加えても飛行機の方が早くなるので、運賃に大きな差が生じない限り鉄道の勝ち目はなくなってきます。現実もほぼこの通りで、東京基点で見た旅客シェアが逆転するのは大阪あたりから。

台湾については、むしろ今までが東京-名古屋間に飛行機を飛ばすようなものだったのでシェアの心配はあまりしていないのですが、システムがTGV/ICE/新幹線のチャンポンになっているそうで、そっちの不整合が気になります。当時の鉄道ジャーナルによると訓練期間中にJR側がキれて要員を引き揚げたなんて事もあったそうですし、本線上を歩行者が平面横断する個所まであった(さすがにこれはその後無くしたらしい)ようですから油断がなりません。

そして最も気になるのは・・・餐車は付いてるのかな? :hammer:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください