大きいことはいいことだ

昨日の続き。

以前物理学の教授が宴会の席上で「豆腐が自らの形状を保ち得る限界の大きさはいかほどか?」なんて問題を(半ばネタとして)吹っかけられていたけど、あの解答って結局どうなのかしら。絹漉しと木綿ではやはり違うのかな? 😕

何かの番組で大型プールでゼリー作ったら全然冷めなくて (=凝固しなくて) 失敗したり、その後何とか固めたけど自重を支えられなくて結局自己崩壊したりもしてたなぁ。
正直言ってそこまででかいとさすがに食欲無くすけど。

巨大トコロテンつくってたのは「ガキの使い」だったかな。あれも最初は冷却に失敗してたし、やっと出来ても押し出されてきたのが妙に太いわ色も悪いわで食べたいって気にはならなかった・・・

そして我らがプリンですよ。
果たして冷却にはどれほどの時間と温度が必要なのか?
また冷却に成功したとして、どれほどの大きさまで耐えられるのか?

普段は洗い物が増えて面倒臭いから省略するけど、プリンはぷっちんしてから食わないとね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください