ゼネレーション・ギャップ

先週の日記
これを踏まえて。

今日また買い出しに行って商品を特定。
いいオッサンが子供用品売り場で鼻すすって泣きそうになりながら真顔で電車のオモチャと一人で戯れてんだから、通報されなかったのが不思議なぐらいだ (^^;

# そこまでするぐらいなら素直に買っちゃえって気もするけど、
# 買ってしまったら越えてはいけない一線を越えてしまいそうで
# それが怖い 😎

トイコー サウンドトレイン 113系 (楽天)
# amazonでは扱ってないっぽい 🙁

走行系はお約束のフリクション。ただし音声のギミックが要電池ということは、やはりサンプリングしたんだろうか。玩具にしては手が込んだことで・・・最近の子供は恵まれてるなあ。

ただ、そこで(やっと)気がついたのだけど、この玩具が本来対象にしているであろう年齢層から見た時の113系の位置づけってどうなんだろう?
自分くらいの大きなお子様から見たって113系なんて古ぼけた雑魚でしかないはず (一部のマニアを除いて) なのに、買ってもらってそれほど嬉しいものなんだろうか? 一緒に並んでた小田急VSEやパトカーなんかの方を欲しがるんじゃなかろうか?
正直言って、今日のご時世にVSEより湘南電車を嬉しがる子供ってのは、将来が空恐ろしいものがあるぞ (^^;

コレジャナイロボ なんてジョーク玩具もあるようだけど、買われていった湘南電車が「コレジャナーイ!」と投げ捨てられることがないよう、切に祈らずにはいられなかった日曜の午後。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください