YS-11

MSFSもバージョンアップに伴ってどんどん「リアル」なアドオンが増えるのは良いことではありますが。

AFGのYS-11も見てくれだけでなく中身もずいぶん練り込んであって、バージョンアップの都度リアル、と言うかややこしくなってきています。
オートパイロットもシステムが標準と違って、上がったら後はFSNavにお任せで到着までIRC三昧とは逝かないのが泣けるところ。

更にややこしいのがエンジンの取り扱い。調子に乗って全開でブン回してると、たちどころに文字通り「逝くぜ全壊ヒァウィゴゥ」になってしまいます。 🙁
AOMにきちんと準拠して操縦すればそんなことないんでしょうけど、こちとらお気楽極楽至上主義ですから・・・(こらこら

前回ちゃんと上がれたからって大して考えずに上がるとすぐ、
ああっ
こうなってしまうわけです。 (木亥火暴)

明日はVATJPNの北海道イベント。
予習してても、このところ到着どころかまともに巡航に入れたのって何回あったっけ。
下手にウケ狙いに走らず、素直に単純な機体で飛ぶのが正解なんだろうなあ。

・・・飛行機に限らず乗り物を動かすってことは、少なからず「まじめに」やるべきものではあるんだけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください