経過はどうあれ

巷間言われるやうな高邁な精神から出たもんではなく、お馴染みの特定アジア蔑視に縦割りの役人根性をまぶしたに過ぎないとは思いますけどね。
言ってることが本心なら某宗主国大統領が来た時のSPだって追い返さなきゃおかしいぢゃん。

警察庁は「伴走が聖火のトーチのメンテナンス要員なら問題ないが、警備を行うということなら日本の主権の侵害にあたり問題で中国側に警備を行わないように通告することになる」と話している。

北京五輪:「聖火警備隊」歓迎せず 国家公安委員長(毎日新聞)

ついでに聖火自体歓迎しなきゃ良いんだ。
どうでもいいですよ、あんな汚染どころか商業主義そのものの政治的祭典なんか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください