報道と公私混同

やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このタイトルを思いついたんだ。

N○Kの例の件と思わせておいて中身は全然関係ありません。

神奈川新聞の鉄分が最近特に濃くていささか当惑してゐます。
自社サイトで正月から「富士」の乗車記を連載しだしたと思ったら、今度は本紙に「銀河」乗車記が。
1月29日付け照明灯 (神奈川新聞)
「照明灯」は一面の定期コラムで、要するに天声人語とかその辺みたいなやつですな。
うーん、毎日横浜港の入出港情報が掲載されるのは港ヨコハマって言うぐらいでまだわかるんだけど、いくら日本鉄道発祥の地の地方紙だからってこれはアリなのか? うらやましすぎて悔しいぞ。
それにあの小さな枠の中に「銀河」の全てが偏りも過不足もなく収まってるのはさすが文章のプロ。

敢えて一点だけ揚げ足を取らせてもらうと僕は開放寝台なら下段党で、上段もモノの種に何度か乗ってますがカーテンの隙間から車窓なんか見えないし(B寝台上段にはそもそも窓がない・・・A寝台だったのか?)、そこらのオタクどもみたいに夜通し列車内うろついたりしないけどトイレぐらいには行くのが不便(下の人に気を遣う)だったり、わざわざ選ぶとこじゃないなと愚考するのです。
# 揺れについては上も下も大して変わらない、むしろ運転士の上手下手の方が問題

もしかして、僕は精進がまだ足りないのでせうか?

追記)
27日は新幹線についてだったし、他にも折に触れ鉄道ネタを混ぜてくるから油断もスキもあったもんじゃないや。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください