MicrosoftはOffice2010でいったい何がしたいのか

そろそろ家の外の関係でいろいろ不具合が出てきたのでAcrobatとMicrosoft Officeを新しいのに更新しようと思いついたわけです。

とは言え10台近く稼動してる全部が全部のマシンのライセンスを購入するわけには行かないので許容できる分だけですけれど。(どっちも1ライセンスで2台までインストール可、らしい)
残りはOpenOfficeで充分用が足りるし。

それで、Acrobatの方はいつも通りなんという事もなくさっさと更新が済んだものの、肝心のOfficeの方がよろしくない。とりあえず補機の方を更新して、当然のことながらあっさり作業も済んだんで、さあ主務機にとりかかったらインストールすらまともにできない。たかがファイルのコピーだけに何時間もかかった挙句何やらのサービスが起動できないとかでインストールそのものをキャンセルせざるを得ず、挙句ロールバックにまた1時間ぐらい掛かって、その後再起動を強いられるという。そんな203高地をここ何日か繰り返してたので、腹立ちまぎれに記録として書いておきます。

Microsoftのサポートページを当たるとそのものズバリの事例がありました。
Office 2010 をインストールできない (エラー 1920, サービス ‘Office Softtware – Microsoft Answers

コントロールパネルから当該サービスを自分で引っぱたいてもだめ。
提案されてるHotfixを当てても何も変わらず。そもそもこのHotfix取得するのにいちいちMSにメアドを提供しなきゃならないのも不可解。上掲事例でもHotfixでは改善してないし一体何がしたいのか。

だいたい、ユーザアカウントでだめだからって(これだってDomain AdminだったのをわざわざAdministrator権限与えたのに)ローカルのビルトインのAdministratorでセットアップしようとしても全く同じ症状で何の変化も見られないってのはどういう了見だい?

あとはクリーンブートを試すのが残ってるけど、望み薄ですよね。 🙁
確実に入るかどうかも怪しい物のために、のクリーンインストールからはじめる(主務機で動いてる環境ぶっ壊す)ってのもギャンブルもいいところだし、どうしたものやら。

19:30追記)
クリーンブートでも案の定.の役にも立たず。やれやれ!!

3/28追記)
結局フォーマットからやり直しましたよ。
Office2010は入ったけれど、なんだか虚しい 🙁

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください