大日本技術帝国

某筋からICレコーダの中古品が手に入りそうな見通しです。
今まで録り鉄の人たちを「よーやる」と思いながら、かつ感謝しつつその戦果をへ放り込んできましたが。

いざ自分がそれを可能にするデバイスを目にしてしまうと現金なもので、あと2回のの九州行きではぜひ使ってやろうなんてすぐ思いつく辺りが悲しい。他に何か思いつかないのか? 😆
実家の方じゃいつの間にかムービーカムを買っていて、その割に全然使わないから やらないか 要らないか?なんて言ってくるし。そのうち「その辺のもの」の公開方法も考えないといけなくなるのかな。

最大の問題は、使いこなせるようになった頃には記録したい対象がほぼ確実になくなっているであろう事だったりする。 😥



長年の懸案事項が解決されるようになった頃、その力を存分に発揮できる戦場がない。
何か、どこかで見たような構図でとってもイヤーンな気分。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください