福利厚生

去年も同じ頃に同じ事を書いたような気はするのだが。

ひしゃげて見る影もなくなったクリスマスケーキ。男女別を間違えたサンタの靴下。泣き叫ぶ子供たちと怒りに震える両親。
悪夢に怯えつつ、一日でも早くクリスマスイブが過ぎ去るよう願うばかりの受付係。

・・・自分、仏教徒ですから。(cv:高倉健)

今年は、22日に全部渡し終えて23日から九州行きですからね。発注数間違ったとか男女別の間違いなんかは早めに片付く代わり、帰る途中にケーキ落としたとか靴下の中身がどうだとかってのは、休み明けの26日までわからないってのがとってもイヤーンな感じ。

過去に実例があるんですよ。箱の構造がタコだったおかげで持って帰る途中に底が抜けたとか、箱から出したらイチゴが傷んでたとか。車でイスに乗っけてたらブレーキ踏んだ勢いで飛んだなんてのもあったし。
# 急ブレーキじゃなくても割と簡単に飛ぶのですよ

まあ、持って帰る途中の事故まで知ったこっちゃないと言えばその通りだけど、こちらも受け渡しに携わった手前そんな話を聞いちまうと心晴れ晴れとは行かないわけで。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください