狼が来たぞ

Medias(N-06C)のその後。

所謂ガラケー由来の文化なのかなんなのか、こいつには MEDIAS NAVI なるポータルサイトが搭載(?)されていて、ただし単なる製品情報のページにしか見えないので、何がしたいのかあるいはどんなメリットがあるのか、この種の要らんお節介が大嫌いな私にゃさっぱり意図が判りません。
単なる製品情報サイトへのショートカットってだけならそれで良いんで、わざわざ高付加価値の何かっぽく見栄を張る必要なんか無いと思うのですが。

閑話休題。

MEDIASのソフトウェア更新手順には何種類かあって、まずお馴染みのAndroidマーケット、それと自体のアップデート、あとMEDIAS独自機能の更新、それぞれメニューが別立てになっております。ドコモマーケット?何それ :-p

そのうちN-06Cのソフトウェアアップデートが7月7日付でかかったのですが、何故かWiFi接続中はダウンロード出来ない仕様になっていたのでした。これはまあ外出中に気がついたら終わってたのでとりあえず良しとして、問題はその後。
一週間おきぐらいにMEDIASアップデートがスケジュール(?)起動しては「アップデートしろ」と要求する割に、手動でアップデートすると接続できませんでした。ダウンロードを中止しました。サーバへの接続に失敗しました。再度更新を実行してください。のどれかを表示するばかりで、一向に何かが進展する素振りも見せません。一体何をどうしたいの??
実を言うとこの時一度だけアップデートに成功したことがあって、その時来たのは使いもしないMEDIASナントカの「季節のテーマ」。大山鳴動鼠一匹とはよく言ったものの、これじゃあんまりだ。

FOMAの電波状態や回戦・サーバ混雑を疑ったこともあったけど、時間帯や場所を変えても一向に好転しないし、そもそもWiFi接続中はアップデートしない=WiFiはオフにしなければならない=バックグランドのプロセスが隙を見ちゃパケット飛ばす=データ通信量鰻上りと来ては、一体誰のためのアップデートなんだか。だいたいアップデートの実態が存在するかも疑わしくて、上記テーマファイルについての言及がサイト上に無かったのも疑惑を深めるばかり。

こんなこといつまでも続いたらそのうち誰も相手にしなくなるんじゃないの?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください