道を極めると書いて極道

以前「不幸な事故」で吹っ飛ばしてしまったページの再構築に着手して随分経つのですが。

原文は英語だけど予めだいたい解かってることだから、翻訳自体はさほど難しくありません。が、いかんせん分量が多いのとタグに混入した書式なんかの「贅肉」をこそぎ落とす作業に時間を取られて、遅々として進まず。ある事象に関する項目なんか表まで使ってるおかげで正に地獄。 🙁

しかも多くは国際ルールとは言え国内で使っていないか一般的でない事だったりするし、苦労して全部やり遂げたとしても多分当面の間は使われることはないであろう事が明らかだったりで、モチベーションの維持自体にやる気の大半を吸い取られているような。

・・・歳なのかなぁ。歳のせいにはしたくないのだけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください