不治の病:近ガン

特に右目はコンマ二桁なんてありさまで、眼鏡は手放せません。
一方でいわゆる「当事者」みたいなものだから、漫画なんかの「ド近眼」ネタが「んな訳ねぇ!」であんまりウケなかったり。ウケるけど。
あと自分のお目々が正常なくせに眼鏡っ娘萌えとか言ってる連中も後ろからどつき倒したくなったり。

で、ニコンが眼鏡製造から撤退、なんて話を聞きつけてブッ飛びかけたのですが、どうやら手を引くのはフレームだけみたい。

眼鏡用フレーム・サングラス事業に関して (ニコン)
少し前の話になりますが、眼鏡を作り直す時までニコンにこだわろうとしたらプラレンズしかないことが判明して諦めた、なんてことがありました。
カメラ使う時に擦るのもそうだけど、概して扱いが雑だからガラスレンズだって一年もすりゃ傷だらけになっちゃうのに、眼鏡にプラレンズなんか怖くて使えません。ど近眼に乱視も入ってるからプラにした方がはるかに薄く軽く作れて楽なのはわかってんですけどね。 🙁

たとえフレームだけでもさすがはニコン様、造作はしっかりしたもので多少雑な扱いしてもびくともしませんわ。でもこれが最初で最後になっちゃうんだなぁ。そうしょっちゅうする買い物でもないし。

せっかくカメラで善戦してるのに、眼鏡屋からニコンの看板が消えちゃうようだとちょっと惜しいなあ。

2 thoughts on “不治の病:近ガン

  1. kimio

    全然話は違いますけど、この前カメラのキタムラに行ったら大量にコニカカラー売ってました。ワゴンセールで。

  2. 榛名 投稿作成者

    >>1
    ワゴンセール品は特にだけど、コニカカラー(含DNP)は下手すると百均以下で手に入るところが怖いですな。

    そこでフィルムカメラですよ。
    初期投資2万でかなり遊べますぜ 😉

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください