逢寒喫寒

原文: 逢茶喫茶 逢飯喫飯 (茶に逢うては茶を喫し、飯に逢うては飯を喫す)
瑩山禅師

先日のドカ雪で会津若松のライブカメラを見ていて、随分放ったらかしになっていた冬の只見線を片付けてくる気になりました。なるべく雪降ってる最中の方が絵になるとはいえ、それで途中で文字通り雪隠詰めにされたら万事休すですから、日帰りでも後ろにせめて1日保険をかけておかないと危なくて出られたもんじゃありません。で、この先2連休はしばらくありませんし、もたもたしてたら雪解けを迎えてしまいます。

実況はTwitterで随時上がっていた通りですが、考えることは皆一緒というべきか、水上からこっちただでさえ混雑する車内で雪見酒ご一行様がどんちゃん騒ぎを繰り広げるものだから、車内にはとても居られたものじゃなかったのでした。賑やかなのは結構だけどもうちょっと周りのこと考えなさいよ。orz
# 多勢に無勢で酔っ払い相手にすると余計面倒なことになるんで耐えるよりなかったのが無念

4時間ぶっ通しでデッキはさすがにこの歳になってくると少々しんどくなってきました。さすがに立ちん坊じゃないとは言え、中途半端にしゃがみ込むとそれが余計にねえ。
おかげで郡山へたどり着いた頃にはすっかりグロッキーで、たまたま来合せた列車をVR任せに何度か流してみたものの、ご覧の通りのグダグダっぷり。新幹線の流しなんか全然追えてなくて見られたもんじゃありません。

上がりはいつものところです。

ところで会津若松のライブカメラ、現地でも軽く手を振ったりちょっと遊んでましたが、場所特定しました。
さすがになかなか良いカメラをお使いで。防水もしっかりしてるし。 😀

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください