露骨なのか忘れっぽいのか

那覇での中華航空機炎上事件。

ごく当たり前の作業まで鬼の首取ったように報じていた割に、ボーイングの設計不良(?)の疑いが出てきたあたりから潮が引くようにどこも何も報じなくなりましたね。むしろこのあたりからこそ大事だと思うのですが?

マスコミのいつもの健忘症なのか、それともおJap様の例の悪い癖なのか、どっちなんでしょう。 🙁

2 thoughts on “露骨なのか忘れっぽいのか

  1. kimio

    中共びいきのマスゴミがここぞとばかりに騒いだけど、どうやら仏首の機嫌を損ねそうだってことで、萎縮したんじゃないかと・・・

  2. 榛名 投稿作成者

    中共びいきかどうかはともかく、ブッシュの倅かむしろ政商ボーイングのご機嫌を損ねるのを警戒してるのはあるでせうね。787関連の輸出のこともあるし。

    それにつけても面白い(と敢えて言おう)のは、そうしたマスコミの尻馬に乗っかって、北京と台北を混同してまで袋叩きしていたブロガー(笑)まで一斉に沈黙したことで。
    ANKでも同様の不具合が見つかったあたりからですかね?下火に向かったのは。

    さすがにうやむやにはならんだろうけど、竜頭蛇尾を地で行くことにはなりそうで、それが無念ですわ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください