RF」タグアーカイブ

時間の暴力

実家で発掘された、JRが国鉄だった頃のネガの数々から。
直接見るとそうでもなかったのが、スキャンしてみたらカビでガビガビになってゐました。 😥
下手にいじってもロクなことにならないんでほぼそのままで上げまする。
続きを読む

たーいむあーっぷ、なのですよー

臨時「能登」を上下一気に撮ろうとして、合間の待ち時間をいったん帰宅することにしたまではよかったのだけど、これをやると前にも書いたように最寄り駅の始発では間に合わなくて、少し先まで別の交通手段で出なきゃならないのです。
で、今回は疲労が蓄積していたこともあって自家用車で東神奈川へ出るのはやめにして、タクシーで鷺沼へ出ることにしたまでは良かったのですが。
続きを読む

露出狂のセミプロも変態プレイ

# だからそういう無闇なタイトルはよしなさいって 😎

変質フィルムの消化試合第二弾。残ったのはネオパンFばかりで ISO 公称感度は32。
以前親のコレクションから横取りしてきたペンEE-2の自動露出周りがセレンの経年劣化ですっかり狂ってしまっていて、近時普通に手に入る ISO 100程度のフィルムでは目一杯アンダー側へ補正してやってもまだ露出オーバーになってしまうのが難だったのですが、これだけ感度の落ちたフィルムなら何とかなるかもしれないので再び登板させてみました。今回は近傍の東急田園都市線へ出撃。
# とは言えいろんな意味で修理するほどの物ではない>EE-2
続きを読む

トライXで万全

引き続いてモノクロ分を上梓しました。
上掲の写真は例の感光させちゃったコマのうちの一つで、肝心のヒコーキはわりとマトモに残ってたところ。もちろん最後の方のは真っ黒です。orz
秋晴れの下、車の中とは言えかなり明るい場所でやらかしちゃった割に、かなりの量(36枚撮りのうち25コマあたりまで)が生き残ってたのは幸運だったのか何なのか。
続きを読む

S’s

Nikon S2 のファインダーには 50mmレンズ のフレームが描いてあるだけなのですが、扱い易さではむしろ 35mm くらいの広角を使った方が良いと聞くことが多々あります。望遠側は熟練を要しますが。
ところがニコンSマウントのレンズなんてものは事実上骨董品で、今からトーシロがうかつに手を出そうものなら大火傷必至と言っても過言ではないわけです。単純に高いだけでなく。正直なところ私も 50mm よりは 35mm あたりの画角の方が扱い慣れていて、できればその辺が欲しいのですが、Fマウントの同級品と比べて確実にゼロ一個増えるとあってはとても手が出るもんじゃありません。と、ここまでを踏まえて。
続きを読む

»crosslinked«