mp3」タグアーカイブ

川口探検隊我が家を行く

と言うほど大げさな話でもなくて、買ったのは大昔でも自分の持ち物だったし引っ越してからも有るのはわかっていたし、単に後片付けがド下手でいろんな不要物に埋もれていただけのものが今回の大掃除で発掘されたに過ぎないわけですが。

当時お宝扱いしていた、多大な労力を費やしてテレビから直接採取した各種番組のOP/ED録音はその後サントラCDやVHS/LD/DVDをまじめに買ったお陰で単なるゴミと化し役割を終えたものとしてごっそり廃棄処分となりましたが、いくつか絶対捨てちゃイカンものもありました。これはその一部。

開業間もない東北新幹線に親父に連れられて乗った折車内販売にあったのを買ってもらった、正真正銘の当時物であります。
# その後復刻版が出たという話も聞きませんが

著作権の問題もあろうしヒスノイズやら何やら音質的にどうも納得行かない(モノラル化しちゃってるし)ので、とりあえず今後どうかすることを前提にここでのアップに留めておきます。もしかしたらさっさと消しちゃうかも知れません。

ヒスノイズ除去はどうにかならんものですかねえ。

夏だ! 海だ! 水浴びだ!!

winampのwifi経由の同期がまるで使い物になりません。 🙁
USB経由でやりゃやったで、デスクトップ側のフリーズを招き易くていよいよ使い物になりませぬ。HT-03Aの方はUSB経由で何度かやってるうちにどうにか完了したのに。

よく見てると、全消ししてからやり直せばmp3自体は送信完了することもあるようなのだけど、プレイリストの同期が今のところ100%の確率でまともに働きません。目下のところ送信しようとしているプレイリストは3つ、でも3つ全部送信できることはまずない(送信されるプレイリストはその時々でランダム)上に、送信できたように見えたものも中見てみるとごく中途半端にしか送信されてなかったりします。

そこへもう一度再送信を試みると、今度は送信失敗(Failed)の嵐。そりゃまあ、ファイル自体は端末側にも在るんだから理解できなくもないのですが。だからってプレイリストだけを削除してやると、今度は送信し直されたプレイリストにmp3が中途半端に二重登録されてたりするわけです。 😕
# この時点でもプレイリストが全部送信できているわけではないことに注意

USBのコネクタのシーリングが早くもがばがばになってきたんで、可能な限りここを開け閉めする回数は減らしたいのだけど、こんなこっちゃwifiにあまり多くを期待するのは無理かなあ。でもUSB使うとやっぱりまともに同期しない上にフリーズし易いし。

加えて、ここしばらくの暑気も手伝ってかふと見ると端末がリブートに入ってることが多くなってきました。ということは見てない時にもそういう事があると考えるのが自然。だいたいそういう時はホッカイロ並みかそれ以上に熱くなってるので、熱暴走だと思われます。更に酷くなるとリブートどころか電池入れな直すまで全く反応しなくなる。
ここも当然のことながら防水シールがあるし、フタ自体結構華奢なんで、そういう強引なハードウェア・リセットはできればあんまりやりたくないんですけどな。

電源まわりではもう一つ、車のインバータ(のUSB給電ソケット)につなぐと、添付品のUSBケーブルでも充電しません。過熱で充電を止めた時はその旨警告が出るんでそっちではなさそうだし、ひょっとしてPCと何かの信号が通じないと充電を開始せんのだろうか? その割にはFOMAケーブルに変換アダプタかましただけの状態では充電するし、一体何が気に入らんのだ。

高機能過ぎる機械にも困ったものですね 🙁

菊とWi-Fi

新しいオモチャN-06Cの環境構築は着々と進んでほぼ普段使いに支障ない程度には至ってきました。
で、音楽プレーヤには定番(らしい)winampを採用しています。

winampはごく初期にしばらく使っていたことがあって、バージョンアップを繰り返すうち何かにブチ切れてしばらく忘却の深淵に放置していたのですが、いつの間にかずいぶんまともになっていたのですね。android版まで出しててPC版と連携できるとか実にcool。iTunesがandroidもサポートに含めてくれりゃ言うことないのだけど、まあこれはありえんわな。 :-p
続きを読む

波に乗って

utf-8 化推進で榛名の samba の管理下にあるファイルも utf-8 にしようとしたのだけど、何十GBものファイルいちいち windows マシンに引き揚げて samba の設定変えたら書き戻してなんてやってたらそっちの方がよほど事故の元なんで、アチョッとスクリプトに任せることにしたのですが。

註:ファイル名の話
続きを読む