最南端阿房列車 2号

枕崎までは一度行っているのですが、その後すぐ駅舎が少し新しくなって、また行かなきゃとは思っていたのがいろいろの都合で延び延びになっていたのを始末してくることにします。
予定は以下の通り。

2017.8.4  
RJTT-RJFK 10:05 11:50 JAL645
RJFK-鹿児島中央 12:20 12:58  
鹿児島中央-山川 13:10 14:22  
山川-徳光小前 14:52 15:10  
西大山 徒歩  
西大山-枕崎 17:32 18:26  

2017.8.5  
枕崎-西大山 7:37 8:30  
西大山-指宿 9:02 9:18  
指宿-鹿児島中央 9:42 11:14  
鹿児島中央-隼人 11:57 12:41  
隼人-霧島温泉 12:56 13:27  
霧島温泉-隼人 16:10 16:35  
隼人-RJFK 17:00 17:42  
RJFK-RJTT 18:30 20:15 JAL652

当人冗談めかして普段から #ウヤブログ なんぞと笑い飛ばしていますがその実決して笑い事ではなくて、今回もやらかしポイントは複数あったりなんかしちゃったりなんかして~。(cv広川太一郎)

羽田までのバス
五十日控えた週末の通勤時間帯に、不可避的に首都高へ突っ込むチャレンジングなルート。うーん、デンジャラス!
鹿児島までの飛行機
普段なら何でもないけれど、台風接近中とはタイムリーにも程がある 🙁
少しでも遅れたら続くバスへの乗り継ぎから先の行程が全て崩壊するのもチャレンジング。
山川からのバス
一時間に一本しかないくせに、この時だけ僅か3分差で明後日の方を経由する同会社同系統?のバスがある、初見殺しのキルゾーン (-_-;)
徳光小からの徒歩
2kmの行程ほぼ全てが、地図を見る限り遮る物のない田んぼのど真ん中を一直線。熱中症の危機もさることながら、曲がり角一つ間違えただけで明後日の方角へまっしぐらのミステリーゾーンとはこのことだ。
マーフィの法則によらずとも、こういうクリティカルなところでスマホの地図に依存したが最後、電池切れやらGPSの暴走やら本体故障やらで死あるのみなのは既知の事実だ orz
枕崎からの汽車
7時半には駅にいなきゃならないのに、宿の朝食時間が7時から。事実上駅の向かいだから徒歩の時間は5分も見ておけば足りるけれど(慢心)、チェックアウトやら何やらの手続きに要する時間を考慮したらそうゆっくりもしていられない。こういうところではお約束の、単なる熱湯でしかない汁物にも要注意だ!
だったら朝食抜きでもよさそうに見えても、かつて佐世保へ阿房列車を運転した際に横浜出てから翌朝折り返し京都にたどり着くまで固形物をほとんど口にできない飢餓行進と化した戦訓があるので、以来食える時に食っておけ、は鉄則。
隼人からのバス
駅の構造全然知らないところへ空港バス出発までの時間はたった25分。時節柄既に満員だったりしようものならその場でザ・エンド
後便へ振り替えようにもとっくに全便満席だ! /(^o^)\
タクシーって選択肢も無くはないけれど、運賃の問題を横においてもバスが満席になるような時にその辺で都合よく客待ちしているなんて保証はどこにもないんである
鹿児島からの飛行機
台風はいずこにありや いずこにありや RR THE WORLD WONDERS
翌日を予備日に空けておいた判断だけは正解だった!
(註:月曜日は出勤日)

・・・全行程ほとんど地雷原じゃないか 🙁

ところで。
Q:電車遅れたらどうすんの?
A:ヽ(゚∀゚)ノ日本の国鉄は世界一安全です!(フラグ)
そんなことより初日に寝坊しないかの方が心配ですよ・・・(´・ω・`)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください