南西阿房列車

那覇に行ってきました。
その時の記録はいつものところに上げておきますので、こちらでは簡単に解説など。

そもそも何でこんな中途半端な時期に無理してまでってのもきちんと訳があって、 JAL で貯めていたマイレージのうち、古い方の有効期限が12月末に迫っていたのがまず一つ。また特典航空券(国内)には本来10,000マイルから交換対象になるものが、閑散期にはディスカウントマイルと称してちょっと敷居が下がるのも一つ。そして、月末で溶けてしまう分を含めても、手許のマイル数では通常期の必要マイル数には届かないが、ディスカウント対象期間であればギリギリ那覇までの片道分に充当できるのが最大の理由だったのでした。
が、その事に気がついたのが11月の初めで、そんな時期にあんな人気路線を狙ったところで、そう思い通りに席なんか空いてやしないわけです。結局、2日に11時前の便で着いて13時半の便で帰るのがここで固まったのでした。もう一本前の便でもだいたい空いてるんですが(早すぎるから?)、電車でもバスでもそんな時間に間に合わせるのは無理な相談で、と言って前泊にせよ駐車場にせよ逆さに振っても鼻血も出ないのに、そんな贅沢なんか許されるもんじゃありません。そうでなくとも片道は自腹なんだし 😥

以前からやってきてた「端っこの駅探訪の旅」もとりあえず国鉄(JR)の分については東西南北一通り撫で終わって、民鉄の分を含めても概ねそれでカバーできていましたが、最南端・最西端だけは列車だけでは行けないこともあって最後まで残っちゃうのもやむをえない所。どうせ飛行機に乗らざるをえないならマイレージで行ってやろうってのは、早い段階から構想に含んでいたことではありました。

そんな事情で、昨日強行したわけです。
無理はするもんじゃないってのは全くその通りで、初手から6時の電車に乗らなきゃいけないのが起きたの5時半なんて有り様でした。毎度のことながら私諸般の事情で風呂は朝使わざるを得ないもんですから、起きていきなり家出れば間に合うなんてそう都合のいいことはできなくて、身支度にどうしたって小1時間はかかるのです。あとこの時間帯まだバスが始発前だから駅まで15分ばかり歩かないとならない。
それを何とか巻きに巻いて、羽田に転がり込んだ頃には搭乗開始ってんだから、もう肝が冷えるどころの騒ぎじゃありません。しかもよく見たら搭乗ゲートが13番。勘弁してくれ 🙁

フライトそのものは順調この上なく着地もゴキゲンだったのですが、のんびり余韻に浸ってる暇なんかありません。
2時間弱しかない中で沖縄モノレール完乗まで攻略しようと思ったら行って帰って往復1時間半、途中最南端の赤嶺でも降りなきゃいけないし、どこか一手狂っただけでも即ドボン確定なんですから。
# 当日の日航はこれより後全便満席で予約不能だった

結局のところ、昨日は市内でマラソン大会があるとかでモノレールは臨時に増便してたから、運転間隔あんまり気にせず一二本駅撮りやるくらいの余裕はあったのですけれど、それにしたって元々の余裕がロクに無い事実は動かしようがなくて、那覇空港帰ってきて手荷物検査済ませたら、またゲートにたどり着くのと搭乗開始がほとんど同時のタイミングだったのでした。

沖縄土産どころか自分のご飯買う暇もありゃしない。買ったけど。
# 朝サンドイッチで昼おにぎりな
# あと一応那覇空港・赤嶺・首里の入場券は(σ・∀・)σゲッツ!!

さて、慌ただしいまま帰路。
那覇空港名物の期待通り36上がりで1,000ft規制に沿って上がってくれたんですけれど、実際これ乗ってみると、あんまり大したことないなぁってのが実感です。一応これあるを予期して右の窓側を押さえてて、当日天気も良くて嘉手納丸見えだったんですが、むしろ「1,000ftってこんな高かったっけ?」ってなったくらい。上昇率止まったからああ頭抑えたなとは解りましたけど。

窓側といえば、行きは「帰り右取ったから」程度の考えで左側にしてたんですけれど、当日は大変お日柄もよくまた想定よりだいぶん陸側を通ったもんですから、「富士山をご覧になれます」なんてアナウンス聞いてorzってなったなんてこともありました。orz
さてそんなんであっという間に羽田に戻ってきた次第で、この着陸がまた大変流れるような気持ちのいいものだったんですけれど、さすがにこう集中してヒコーキ乗るとただでさえ片道でも結構消耗するのがだいぶ身体的に効いてきまして、一夜明けてこれ書いてる間もまだなんかフラフラしてかないません。体調自体はそんなに悪くない、むしろ普段よりだいぶ軽いのに、頭の中だけぐるんぐるん回ってて気持ち悪い。

あともう一つ気分悪い事件が。昨日twitterにも書きましたけど、GPSロガーがまるっきり仕事してなくて、道中一度今ココだしてた時の、「今ココなう!」の軌跡しか残せなかったのでした。機内でスマホ動かせないからそれで持って行ったのに。
個体の不良なのか何なのか、挙動に不審な点はないのにログを吸い出せなくなる事故が以前から時々あって、まさか今回やらかすとは。一体何が気に入らなかったんだ。
うちの旅行って忘れ物(やや致命的な)とか運行遅延(やや致命的な)とか何がしか邪魔が入る(かなり致命的な)とか必ずぶち壊しレベルのケチがつくもんだけど、今回みたいな一発勝負ですっかり片付けたのに帰宅してからクリティカル自爆なんて、もう頭を抱えるよりないですわ orz

2 thoughts on “南西阿房列車

  1. Fukano!

    沖縄に行ってきたんですね。羨ましいです。
    いつも強行日程なのは榛名さんらしくていいんじゃないでしょうか。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください